2017年10月31日

ティーライフから優待についてのお知らせが届きました♪

株価がメキメキと上がっていて、なんか株が欲しいのだけど手を出していいようなよくないような。
いつもドキドキしてしまうSayasayanでございます





さて、そういえばティーライフから株主優待選択の知らせが来ておりました。






IMG_0426.JPG






ダイエット茶なんかのイメージが強いのですかね。
通販会社さんって感じのような気もしますし、とにかく健康とか美容のための飲料・食料なんかを扱っているお店という感じでしょうか。
とりあえず、株主優待は優待特選品がお得そうな感じです







IMG_0427.JPG






正直なことをいうと、去年もらえたさつまいもチップスが欲しかった・・・
なんかダイエットとか気にしないで色々食べたいタイプ(笑)
色々悩みましたが、梅干し好きなので、梅干しとふりかけとお茶のセットにしました。






はがきに記入して投函すればOKです。
ちなみに、カタログからも選ぶことができるようです。
まぁ、100株の弱小な上、余計なお金は使いたくないので1000円優待品で私は十分なのですが。





一応、コメントを書くところがあったので、飲み物より食品の方が嬉しいんですけどって優待品の要望を書いておきました
社長さんとか聞いてくれるかしら・・・。






とにかく、これでしばらく商品が届くのを楽しみに過ごせます。
仕事も頑張れるかな〜なんて思う今日このごろです
posted by Sayasayan at 23:14 | Comment(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

『現代ベトナムを知るための60章』を読んでみました

さて、今日は最近気になる海外投資についてということで、こちらを読みました。
現代ベトナムってやはり自分が学んだときとは違う状態になってるんだな〜って思いました。






現代ベトナムを知るための60章第2版 (エリア・スタディーズ) [ 今井昭夫 ]

価格:2,160円
(2017/10/30 21:42時点)
感想(0件)











いや、ベトナムは多数の民族が暮らす国とは知っていたけど、キン族と呼ばれる民族が80%以上を占める国とは知りませんでした。
公式ではあと13%ほどの人口を53の民族で分け合っているような状況のようです。
それゆえ、ベトナム語といえば、キン族が話している言葉ということに。






日本企業の進出も進んでいるし、人々の生活も豊かになりつつあるようですね。
ファミリーマートとかコンビニもあるみたいだし、社会主義の国のイメージが強いけどみんな経済成長の恩恵を受けている部分もあるようです。






ただし、何気に賄賂とかも横行していて、病院で名前を呼んでもらうためにお金を渡したり、注射を痛くしないようにってことで看護師さんにお金を渡したりもするみたいです。
(中国とかでもそうらしいですけど、それが当たり前っていうのが驚きですね〜。)






農村の生活も、お金がかかるようになっていて、男性も女性も働いているとか。
すごい人だと、台湾にお嫁にいくそうです。
とはいえ、台湾に行ったからといって幸せになる人ばかりでもないという。
なかなか難しいですよねぇ、やっぱりこういう話を聞くといかに「結婚したからと言って幸せになれるとは限らない」ということが分かります。





いろんな問題を抱えながらも高度経済成長を続けているベトナム。
国営企業もまだまだ多いのですが、今後ホーチミンやハノイの証券取引所に企業が上場することもありそう。
有名どころについては、ビナミルクはじめ、銀行とか手堅いところから投資ってするべきなのかな〜というところです。→「高度経済成長のベトナム投資で魅力的な株銘柄紹介」







なんだか活気がありそうだし、単純にベトナムに遊びに行ってみたいな〜って思います。
ハロン湾クルーズとか有名ですもんね。
あ〜、閉塞感のある日本を離れたいかもな〜なんて思ってしまったSayasayanなのでした
posted by Sayasayan at 22:01 | Comment(0) | 投資に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

実はウォーレン=バフェットタイプでした!

今日も今日とて雨が降っているので、こういうときは晴耕雨読と思うSayasayanでございます。
しかし、この本が結構目からウロコだったのでご紹介したいと思います





自分の秘密 [ 北端康良 ]

価格:1,728円
(2017/10/29 17:54時点)
感想(0件)









タイトルでは「自分」と入っていますが、いわゆる「偉人」について分析をしている本という感じです。
そうした、著名な人を分析した上で、自分なりの才能の見つけ方や生かし方を考えさせてくれる本です。
まぁ、分析といっても専門書ではないので、歴史上の人物の功績みたいなものを知る上で、「へぇ〜そうなんだぁ」って思うような内容になっていて、ちょっとしたトリビアもいっぱいです






その中で、自分の過去を振り返ってみるワークとかいろんなものがあるのですが、なんと自分がウォーレン=バフェットタイプであることが判明






ちなみに、ウォーレン=バフェットさんは、「オマハの賢人」と呼ばれる世界的投資家さんです。
無駄なものにはお金を使わない人として有名で、コカコーラとハンバーガーを毎日食べてる人的な人としても知られてますが(笑)、とにもかくにも結構光栄なことだな〜なんて思ったりして。






オマハって別に都会とかでもなんでもなくてね、田舎町なのですよ。
そういうところで、投資で成功した人ってことでね、詳しく知らなかったんですけど、名言の一つに「少しずつお金持ちになればいい」っていうのがあるんです。
ぼちぼち投資はそういうコンセプトなので、とにかく、単純に嬉しかったんですよね。






というわけで、ウォーレン=バフェットまでとはいかなくても、長期投資しつつのんびりお金持ちを目指していければいいかなって思うばかりです。
ちゃんとタイプ診断は誰でもできますので、自分はどういう風な能力があって、それを生かしていけばいいのか?と思われる人にはおすすめです。





生かし方については、アバウトな書き方な部分もあるのですが、じっくり取り組んでみれば自分が何に向かっていけばいいのかが分かるかなって思います
お出かけできないときに、ぜひ一読してみてください。
posted by Sayasayan at 18:23 | Comment(2) | 投資に関係ない本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。