2016年12月25日

子どもにも分かりやすいのが良いと思うんですよね

今日は、子どもに向けて話しておきたい内容ということで、かなり読みやすくて良いなと思った本をご紹介。





外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話 [ ジョン太郎 ]

価格:1,490円
(2016/12/25 10:27時点)
感想(0件)









おすすめポイントとしては、債券と株式の違いをしっかり教えてくれていること。







それから、決算書を読むことの重要性が分かるのが良いですね。







ずっと、決算書なんて自分には縁遠いと思っていたんですよ。






なにせ簿記を知らないといけないのかなって変な思い込みがありまして。







そこを、「簿記は決算書を作るために必要なのであって、読む分には知らなくても良い」とのこと。







明確に言われるとほっとするのが人間の性ですよねぇ。







それで、まずは資産の部と負債の部と純資産の部と三つの構成要素が分かっていれば良いんですって。







なるほどな〜って素直に思いました。







今度通知がきたら、ちょっと見てみようって思いましたね。







もちろん、企業のIRとか見ればチェックできるんで、HPとかのぞくのが良いのかもしれませんが。







とにかく、社会に出たときに労働所得しかないと思っていると、今どんどんみすぼらしくなる一方じゃないですか。







その点で、資産運用とかもすることでリスクヘッジになるっていうのはよく分かる話なんですよね。






働けなくなることだっていくらでもあるわけで。







ずっと非正規で働き続けないといけないケースだって往々にしてあるわけだし。







で、本当に人の能力が色々なので。






頭脳労働で頑張れる人もいれば、体力労働で頑張れる人もいるわけですよね。







そして、心が優しい人であればあるほど、仕事で迷惑かけちゃいけないとかあれこれ思うわけで。







心が優しいままでも、投資とかしていると無理せず働けますしね。






今は男性に依存しない女性である必要もありますから、女性だからこそ賢く生きないといけないですよね。







女性は体力、どうしても男性ほどではないので気をつけないといけないです。






いつまでも働けるわけではないし、ライフスタイルの変化であれこれ被るのは女性の方ですから。






だいたい、未だに女性の方が働く金額を抑えるとか政策が動いているわけで。






配偶者控除とかの問題とかも、専業主夫もいるご時世になぜ女性が考えないといけないのかって。







いろいろ考えてしまいますよねぇ・・・本当に。






ま、結婚予定も相手もいない孤独な人間が考えることではないんですけども。







株式投資とかやっていると、結構危険人物だと思われるしな〜。






というわけで、婚活とかしてもお話できなかったり。






不便な世の中だな〜ってしみじみ思ってしまいます。







とりあえず、決算書の読み方を知りたい方に本はおすすめしておきます。






一歩でも賢い投資家になりましょう






とにかく、SBI証券のメンテナンスすぐに終わらないかな〜と思っている昨今です。








posted by Sayasayan at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。