2017年02月12日

申酉騒ぐといいますが、いつ値動き激しくなりますかね〜

最近は、IPOに申し込みをしつつ、立会外分売も色々気になるわ〜なSayasayanでございます。





不思議なもので、株のいくつかが堅調に推移するのでポートフォリオが減ることもなし。





まぁ、安倍首相がゴルフ外交している中で、なんか違和感もありますけども。






経済が豊かなことはいいことでもあるかぁって感じです。






さて、最近金融用語を調べるお仕事をさせてもらっているのですが、その中で、申酉騒ぐというものがありました。






つまり、申年と酉年は、株価が乱高下しやすいという意味があるそうです。






確かに去年は年初から下がったりして乱高下してたなぁ・・・って思いますけども。






今年はそうでもないですよね、まだなのかな?って思ったりしますけど。






正確には、辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずき、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねるというらしいです。






というわけで、酉年が過ぎるとなんとなく株価的には盛り上がりそうですけどねぇ。






こればかりは、必ずしもアノマリー通りってわけでもないみたいなので要注意かな。






ま、あまり期待はせずにいきたいところですね。






日本経済自体、少し盛り上がっている雰囲気はありますが、それもまぁ気分的なものですし。






バブルみたいな感覚とはまた違うといいますか。







別に4万円近くまで上がってくれなくていいので、堅調に2万円ラインが続かないかしら?と。






・・・それは幻想なんですけども。






ん〜、まぁ酉年とはいえ、世の中がめまぐるしく動いている昨今ですから、アノマリーもあてにはならないかなって。






なんでも参考までに、が信条なので。





とはいえ、子の年がちょうど2020年で、そこからは下がりそうって気もするしで、なかなか深いものも感じます。





先人たちの残した言葉も、それなりに意味はあるのだなって思いつつ、今日もぼちぼち投資なSayasayanなのでした。






正直、最近自分のためにお金を使いすぎていて怖いくらいです(笑)






交通費とか、欲しいものを買うためにお金が出ていっていて、そこがドキドキ。






まぁ、破産するようなことはないんですけど、やっぱり投資にも使いたいし〜って感じで悩ましいところですね。






早く投資資金にも困らないようになりたいな〜って思っちゃうところです。









posted by Sayasayan at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株について思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。