2017年06月02日

私は現行NISA派かぁ・・・(きんゆう。女子学院×金融庁コラボで考えた)

さて、一夜あけていろいろ思うところがある、きんゆう女子。学院セミナー第二回。
きんゆう女子。さんの企画ということで、遠慮なくお勉強させてもらっています。(きんゆう女子。さんについてはコチラ





第二回は金融庁で、積立NISAを実際に作った人たちからお話が聞けるとのことで、めちゃくちゃ職場で急いで仕事して駆けつけました。(地方在住者にとって霞ヶ関は遠い・・・(笑))
まぁ、仕事の都合がつけやすいのが非正規の良さですがね。
積立NISAについては、基本的に金融庁のホームページを見れば分かることも多いのですが、やはり悩ましいのは現行NISAと積立NISAどっちが良いの?ということです。





結果として、個人的には2023年までは現行NISA使い続けようかな〜って思っています。
なぜなら、やはり上限120万円は魅力的だから
積立NISAになると、上限40万円だからなぁって。
それに、金融庁が選んだおよそ50本程度の投資信託の中から選ばなければならず、株式投資は購入できないんですよね・・・。
安定的な資産運用を目指す人には明らかに非課税20年が良いのでしょうが、それなら現行NISA終わってから切り替えてもいいかなって考えまして。






一応金融庁さんの女性広報さんの口ぶりでは、「うまくいけば、この積立NISAを恒久化して、国民の生活を安定化させたい」的な発言もあったのでゆっくり変えていけばいいか、と。(現行NISAではあんまりだったのかしらん?と思わなくもなく。)
いつの時代も新しいものにはスポットライトがあたるけど、古いものには焦点当たらないので、なんだかんだでNISA枠の変更は積立NISA設立後も起こる可能性大なのですけどね。
というわけで、なるほどな〜って思いつつ、個人的には当初の目的どおり現行NISA枠利用で1000万円をひとまず目指すかという。






とりあえず、金融庁さんには、それなりの考えがあって積立NISAを新たに新設するということの模様。
積立NISAは株式買えないけど、今は投信一本しか持ってないので、新たな投信買い付けに使う分にはいいかな〜って思ってます。
残念なのは、まだ詳細が決まっていないということ。
すでに今年の10月から口座開設が始めるというのに大丈夫なのか?という不安をちょこっと感じつつ。
まぁ、国がやるといったのだから、もうやるんでしょうけども。
今回の参加者さんの中では、現行NISAからもうすぐに積立NISAに変えるという人もおり。
投資って本当にひとそれぞれだなぁと改めて思わされたセミナーでした








posted by Sayasayan at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | NISAの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。