2017年09月20日

中学公民の教科書には投資について学べることがいっぱいです!!!

ジェイリースはあえなく落選してしまいましたが、こういうことはよくあることなので気にしないでおこうと思います。
3パーセントのディスカウント価格も魅力的だったんですけどね。
また、新しい投資先を探したりしたいかなと思うところです。





それと、これはあなどっていたな〜と思える内容を一つ。
ちょこっとお勤め先から拝借してまいりました。






IMG_0347.JPG








中学の教科書で、あまり経済のことを学んだ記憶がなかったのですが、中学のときの先生ごめんなさい
教師になってから思っても遅いのかもしれないですが、ここに必要なこと結構書いてあるんでは?と思ってしまいました。







びっくりしたのが、今は日銀の買いオペレーションとか売りオペレーションとかについても書いてあるんですよ!
いやぁ、ちゃんと勉強しておけばよかったって思った瞬間でした。
でも、ちょっとびっくりしたのがこのグラフ。







IMG_0348.JPG







平均27歳で、要するに20代半ばになるとこれくらいは稼げるとのことなのですが、これって本当?っていう。
中学生にとっては夢のある統計かな?って少し思ってしまいましたよ(笑)
まぁ、社会保険とかでね、5万4000円くらいとられるのはまぁいいとして。





家賃とかが3万円台ということは、実家暮らしとかも多いってことかな?とか。
ただ、食料は4万3000円って本当???とか思うほどでした。
ファミリー世帯とか想像してるわけではあるまいし、借入金って何?
住宅ローンじゃなければ、カードでの買い物か、あとは車くらい?
この内訳どうなの?って思うところがありました。
それとも、私の感覚がおかしいのかな?っていう。
普通の人ってもしかしてこれぐらい普通にもらってます???







これが34歳以下の単独世帯の一ヶ月間の実収入のふり分けとなっていて、嘘だ〜っていう。
でも、平成25年の「家計調査年報」ってことなので一応統計上はこうなんだよなぁ・・・っていう。
とにかく、すごいなって思って、これはちゃんと教科書読まないと!って思いました。
公民の先生じゃないけど、今のうちに色々勉強おきなさいね〜と生徒には言っておきたいところです。






もっと早く知っていれば、楽しい人生を過ごせたかなぁってちょっぴり後悔。
でもまぁ、これから幸せになることは可能だから、そこは気にしないことにします。
どんなときでも、自分のできることを精一杯やるだけですからね。
ひとまず、経済のこととか知らない〜、何から手をつけたらいいか分からない〜と思ったらぜひ教科書へ戻ってみては。
今は教科書ガイドとか便利なものも販売されているので、きっと分かりやすいはずです
私もちょっとじっくり読んでみようと思っています。



posted by Sayasayan at 19:58 | Comment(0) | 情報収集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。