2017年10月19日

Financyに記事書かせていただきました(インド気になるわ〜なお話)

最近、結構副業も忙しい感じになってきております、Sayasayanです。
もともと、文章を書くことだけは大好きなので、結構記事を書くのは苦ではなかったのですが、ここにきて、自分でいうのもなんですが、結構引っ張りだこ状態(仕事管理がうまくいってない証拠ではないか〜って話でもありますけども・・・





そして、ずっと書いてまとめておきたかったこととして、インド投資がありまして。
経済的には大注目だよね〜って思っている地域です。
人口ももうそろそろ中国抜くしって感じで期待もしています。
何より、今は中国を挟んで日本と仲良くしようって傾向が強いですしね。






大学時代、なんとなくインドには憧れがあってうっかり勉強してしまった部分がありますが、やはりお勉強と現実ってちょっと違うところがありますよね。
改めて、大人になってからも勉強してみたい〜ってなっています。





で、記事としては、ちょっと日本ではやりにくいインドへの投資方法についてです。
Financyの「日本にいながらできる!経済大国インドへの投資方法とは? ADR株購入とメリット・デメリット」というものです。





ハードル高いとはいえ、今は日本からでもいろんな形で投資できるかなと思います。
人口も増加しているだけじゃなく、グローバルに優秀な人材が活躍しているな〜と。
ソフトバンクの孫社長の右腕さんもインド人の人だったこともあるぐらいですし。






インド一極集中が怖いということなら、投信・ETFなどで新興国(エマージング市場)対象のものを選ぶのも一つの手かなって思います。
正直、紹介している投信などは手数料高めのアクティブファンドなので、初心者向きとはいえないな〜と。
(分配金も出ていないものが多いので、素人が手を出したらケガしそう・・・






でもまぁ、ADR株などは米国市場に「上場」しているのでその点では安心感もあるかなと思います。
タタ・モータースとかは中学の資料集に出てくるくらいの自動車企業ですから、大人も知っておいて損はないかも。
ADR株を代表する知名度も高くて(高すぎる?)安定のインド財閥企業です。
日本でも、なんだかんだで財閥企業は強いですからね、それのグローバル版だと思えば少しは身近に感じる?のではないでしょうか。





そろそろ海外への投資も目を向けてみるべきかな〜なんて思いつつ、情報収集中です。
投資に限らず、やっぱり未知の国は憧れてしまいますね
また大学にでも行って、勉強してみようかな〜なんて思う秋の夜長なのでした


posted by Sayasayan at 22:04 | Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。