2018年01月28日

『フィンランドを知るための44章』を読みました

いや〜、仮想通貨コインチェックどうなるの???って思っているところですがなすすべなし。
ネム88円って今いくら?って感じですよねぇ。
それより、出金とかもできないのって問題なんじゃないでしょうか。
盗まれたものだけにとらわれて、本質が見えにくくなっていると言いますか。
(和田社長わか〜いとかどうでもいいわ・・・)






ま、さして突っ込んでいたわけでもなし、個人的に投資の幅を広げたかったので、とにかく事態の収束を願うばかりです。
そして、閑話休題。
こちらも盛り上がっていて、なんかみんな落ち着いて〜って話なのがムーミン問題







センター試験として、アニメーションとかを使うことは問題として悪くないですし、文章として「○○の国を舞台としている」というのが正確さを欠きますが、ではそこが作者の出身地とかだったらまだいいのかな、と。
そして言語については、もうムーミンがスウェーデン語で書かれているのはトーベ・ヤンソンさんがスウェーデン系フィンランド人なのだから、フィンランド語を選ぶで良いような。






さて、そんなことでフィンランドって複雑な政治&歴史を抱えているのだな〜と思ってこちらを読んでみました

フィンランドを知るための44章 (エリア・スタディーズ) [ 百瀬宏 ]

価格:2,160円
(2018/1/28 22:12時点)
感想(0件)









正直、スウェーデンとロシアに挟まれているのは大変だなぁと思いました。
でも、PISAで教育水準も高いのも魅力な国ですよね〜。
あと、ムーミンではなく、ノキアの国だ〜と通信事業で盛り上がってるよなって思い出しました
きちんと、国をあげて仕事を作っている感じもして、日本も見習うところがありそうです。






そして、やっぱりムーミンとかが好きな私としては、フィンランドの叙事詩『カレワラ』が気になりました。
日本にも、いろんな昔話がありますがフィンランドには『カレワラ』というのがあるんだとか。
そして主人公が老人なんだそうで、それもなんかすごい・・・と思ってしまいました。






ちょっと読んでみたいですね、『カレワラ』。
あと、首都ヘルシンキも建築とか素敵なところがいっぱいあるので、行ってみたいな〜って旅行気分かき立てられました。
言語も周辺諸国と異なるフィンランド、かなり気になります。
(メリメッコとか北欧デザインも気になるんですけどね〜



posted by Sayasayan at 22:35 | Comment(0) | エリアスタディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。