2018年02月12日

残業しながら思うこと(テレビ視聴の辞め方を考えてみた)

今日はとにかく残業の日々です。
実は、3月1日の締め切りの仕事がいくつかあるのですが、思い返せば2月は28日までではないですか〜。





今の業務量をこなすには、3連休遊び惚けている場合では全然ありませんでした。
うわ〜、やばいどうしよう・・・な状況です
そんな状態にもかかわらず、美容室の予約入れてたり、きんゆう女子。さんの集まりに行く予定だったりと予定が立て込み過ぎ!!!
おまけに、バレンタインの日は彼氏がご飯食べに来るし(しかも15時からとか信じられない・・・






予定があるのは嬉しいことですが、それにしても彼氏の暇さ(しかし、ご飯一つ作らない亭主関白)には仰天してしまいます。
いや、私が仕事を前倒しでやっておけばよかったのに、ついハメを外してゴロゴロしてしまったからだともちろん反省しているのですがね。
テレビっ子、早く卒業したい・・・・・・・・






ということで、テレビという受動的な行動を止めるためにはどうしたらいいか?と思っているのですが、これは結構手強いと思うのですよねぇ。
だって、なんだかんだテレビって楽なのですよ。
楽しさは失われても、時間泥棒として最適な行動だと思います。





つまり、テレビを視聴するってこと以外に何かやりたいことを見つけなければならず、それには時間的・精神的なハードルがあると言えるわけでして。
結果として何がある?





よく自己啓発本でも「楽」ではなく「楽しい」ことをやりなさいとか言いますけども。
大変だとわかっていること、早々しないのです、怠惰な人間は






やってたら楽しいけど、ふと冷めることも多いですし。
なぜ、みんなあくせくしちゃうんだろう?みたいなことを常々思うわけでして。
私の性質が良くないのかな〜、なんとも言えませんが。





あとは、大抵お金が必要なことが多くて、(個人的にお金をかけずに楽しめることは多い方だと思ってるけど、そのあたりは擦りまくっているので)「そこまでしたいこと?」となりがち。
仮に借金してまでやりたいこと、あるかしら?という境地になります。





もちろん、今はクラウドファンディングとかもあるから、知恵とか色々使えばハードルは低いのだろうけど、やっぱりそれをやるほど?と思うのですよね。
今まで、一生懸命やったことないからでしょ〜とか言われそうだけど、とにかく体というか精神病んでからは、余計に「よそはよそ、うちはうち」的な遠巻き感が増しましたね






とか言って残業していますし、そういえば部類の怠惰人間でも職場に来ると多少は他人の目があるので、仕事しますね。(ブログもちょい書きつつですけど(笑)もう誰一人残ってないから今日はいいのだ






だいたいパソコン一台用意してくれず、自前パソコンでのサービス残業ですよ。
まぁ、もともとワーカホリックなタイプなので、普通に21時に出られるなら御の字って感じですけども。
やっぱり、仕事入れるしかないのかな〜・・・と思う今日この頃。





テレビ視聴をやめる=テレビ以上に楽しいことを見つける。もしくは視聴できないくらいの何かを予定に入れる。






この方程式しかないのかな〜と。
あと家にいない状態を作らないとダメだな・・・と痛感。





ひとまず、今日はあと2時間くらい頑張ってそのまま家帰って寝ます。
どこまでできるますやらやら。
(今日はテレビ見る時間なさそうでそれはよかったです
posted by Sayasayan at 18:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。