2018年02月25日

『台湾を知るための60章』を読んでみました。

毎日、6時間の仕事だったら全然仕事できるのにな〜、なぜ自分はこんなに長時間仕事をしているのだろうか?と思う半日勤務2日目のSayasayanです
本当にね、公教育は、先生の良心でできてるよ、日本は。
この仕事量、終わらないのは私のせいだろうか?と思わなくもないですが、それでもなんか割に合わないのですよね〜。






そして、そろそろ国民年金のお金とか考えると、おちおち投資にお金回せないな〜と。
旅行にも行きたいな〜って思っていたのに、どうしよう?みたいな
時間とお金と体力と・・・考えることがいっぱいありすぎてこのバランスが難しいですね。
ワーカホリックタイプではあるけど、いろんなことを複数やってる方が能率いいタイプなので、一つのところで勤め続けるのも飽きが来そうだしなぁ。





お金のことを考えると、正社員で働きたいような、でもそうでもないような。(このあたりは本当に見極めが難しい。)
とにかく、悩ましく締め切りを抱えてプレッシャーな中、ブログ書いています(笑)





そんな中、知人を訪ねに行きたくて、行きたいな〜と思っているこちら。

台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ) [ 赤松美和子 ]

価格:2,160円
(2018/2/24 18:04時点)
感想(0件)









台湾って今観光スポットとして有名ですけど、個人的に歴史的にも複雑なところだよね〜って思いまして。
もちろん、日本に統治されていた時代もあるし、中国との関係とか一時的にはオランダ領でもあったわけで。
民族もすっごく多様で、実は太平洋に浮かぶ島々と祖先は一緒な人たちも多いのだとか。






美味しいお料理も、客家人と呼ばれる人たちが持ち込んだものも多く、やはり小さな島ですけど日本とは大きく違うな〜なんて思います。
でも、メディアなんかも活発なのはいいことですよね〜。
アジア圏でのヒットを狙う場合、台湾からスタートするアーティストとかもいるそうです。






現地の知り合いも日本語を教えているのですが、学習意欲はすごく高いんですって。
意外と、日本の若い人が台湾で生活してるとも聞くので、過ごしやすいところなのかなって思います。
日本人、最低金額で雇われるみたいだし、何より日本人女性はステータス的なところがあって男性からもモテるみたいですよ






夫婦共働きが当たり前なので、3食外食も当たり前なのだとか。
それはすごいな〜って素直に思ってしまいました。
家事の負担が少ないのはありがたいですね。(それでも、女性に負担がいきやすく少子高齢化率は日本以上のよう)
確かに、外食でもOKな雰囲気だったら、楽しちゃうし結婚する意味もなさそうな気がしちゃうしって感じですかね。





旅行に行く時も、なんとなくその国の背景とか知ってると違う楽しみも見えてくるかなって思ったりします。
もちろん、表面的な楽しさは変えがたいところもありますけどね(笑)






とりあえず、休日出勤で明日の準備とかやってしまってスッキリ寝るのが今日の目標です。
今からお菓子買い込んで、ぼちぼちお仕事やります
この忙しさも今だけだと思って頑張ります



posted by Sayasayan at 13:20 | Comment(0) | エリアスタディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。