2018年04月13日

『女子の幸福論』を読みました♪

最近、忙しいけれど通勤時間が伸びたので、その間本を読んでいます。
今日は、女子の幸福論を読んだのですが女性は色々大変だよねって思うばかりです。





女子の幸福論 人生のこと、恋愛のこと、お金のこと [ 朝倉真弓 ]

価格:1,404円
(2018/4/13 20:59時点)
感想(21件)








小説の中なので、そんなにバーとかに飲みに行ってお金貯まるわけないよとかツッコミどころは多々ありましたが、人生に迷うところは確かになって思いました。
バーで紳士などに出会って投資やお金の考え方を学ぶって設定なので致し方ないのですが、都心に住んでいない人間には共感得づらい内容かなぁと正直思うところでしたね。





しかも、小説に出てくる女性たちにタイミング良くキャリアアップの話とか起業とか、恵まれすぎって感じでしたが、やはりこのあたりも都内に住んでいればこそなのかな〜と。




主人公の一人は、専業主婦の女性で、家庭の事情があり、自立を目指そうと働き口を探すってところは共感部分が多かったです。
30歳過ぎの女性がブランクがあると普通に正社員として働くのは厳しいっていうのも妙にリアルでした(笑)
でも、実はこの30代の女性を積極採用すると生産性上がりそうだけどな〜(家庭のことをしなくてはいけないから効率よく働くだろうし、普通は正社員厳しい層だから雇ってもらえただけで恩義を感じてめちゃくちゃ仕事しそう。)





それでも、小説の中で彼女の設定が、フラワーアレンジメントなど腕に覚えがある状況というので、ちょっとえ〜って感じ。
男性の稼ぎがあって専業主婦の間に身につけられた話であって、現在の世帯と少し乖離してるかなって思いますね。
それで起業できるのも旦那さんの定収入あってこその裏技的な部分があり・・・う〜んとなりました





今は、そう言った貯金部分みたいなものを持っている人が多く、それをうまくマネタイズすれば大丈夫なのかもしれませんが、これからの世代がそうしたスキルをこの低賃金時代にできるか?と言ったらかなり難しいのだろうなって思っちゃいました。
私ももがく一人ですし・・・
まぁ、あくまで小説の設定なので、いちいち突っ込むなって話なんですけどね。(すみません、生まれが西の方なもんでいつもついつい・・・)






というわけで、色々女性のぶちあたりそうな内容が盛りだくさんで、働く女性には共感できるところいっぱいあるのではないかなって思います。
30歳はまだ失敗できる年だよっていうのも嬉しいところですね
私も主人公たちみたいに、しっかり自立せねば!って改めて思いました。
(まぁ、もともと、そういうつもりではあったんですけどねぇ・・・あんまり周囲には理解されませんが・・・)





キャリアや結婚に悩める女性たちにオススメです

posted by Sayasayan at 21:24 | Comment(0) | 投資に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

『お金の常識を知らないまま社会人になってしまった人へ』を読みました

最近、学校で金融教育をしてこなかったため金融リテラシーが低い人たちのことをおにぎりさんなんていうのを知りました。
確かに、結構「学校で習ってない!」という人は多いのだろうなぁと先生ながら思う今日この頃。
でも、勉強の仕方は習ってるはずだから、自分で勉強しなきゃいけないのよ〜とも思う今日この頃。





何より、自分も学校で習ってきていないので自戒を込めて勉強せねばと思いました。
学校教育、小・中・高で12年間で何も勉強してなかったから、知識も実践も足りないのは当然ですよね





さて、そんな中でこの本を読みました。
初心者に向けてとても気軽に読める初心者向け本です

お金の常識を知らないまま社会人になってしまった人へ [ 大江英樹 ]

価格:1,512円
(2018/4/12 08:05時点)
感想(0件)









著者の大江英樹先生の本としては、『定年男子 定年女子』の方が有名かもしれないですね。
投資のことだけでなく、お金の本質や保険やクレジットカードなど大学生なんかにもタメになる内容が書かれています。






若い人は自分への投資のためにお金を使うべしっていうのもそうだと思うし、本業があるならそれに注力するのも大事。
ただし、今の時代は若い人だけでなく、自分に投資をしていかないといけないと思うんですよね。
というか、若くないからこそ新しいものを取り入れるのには時間もかかるし、お金もかかったりするのでその点も留意すべきかと。





それと、著者のように順調にキャリアを築ける人ばかりではないので、昇級や昇給を期待して、仕事頑張れとも一概には言い難いですね。
企業で仕事をしている以上、きちんと仕事はやるべきだと思うけど、過度に期待はいろんな意味でよくないかなって思います。
気持ち的にはほどほどにってところでしょうか。
続けられれば、ラッキーくらいのもので、自己投資をして「使える人間」にはなっておくことの方が大事かなぁと思うところです。






とにかく、「若いうちに頑張っておけば後が楽」みたいな発想はおそらく少し違うかもなぁと。
どちらかというと、若いうちに自分のコントロール方法を身につけ、いろんなリソースを活用して自分のものにしていき、学習が続けていけるよう環境を整えていくことが、年齢を重ねた後でも学び続けられる自分でいられて、結果として「楽」でいられるというところでしょうか。





「後で楽になる」とか思っているから、この不透明な時代になんかおかしいと感じるようにも思います。
こんなはずじゃなかった・・・とかって昔はよく思っておりましたが、こんなはずだよって自分にも言ってやりたい(笑)
世の中の大きな流れっていうのに逆らうのは難しいのだから、流れに乗れなくてもちゃんと状況は把握しないとね。






そういう意味で、時々は初心に帰り、お金=信用という意味を噛みしめるのは大事かと思います。
そのエッセンスが十分詰まっているのではないかなと思う本です。
先のことはわからないから、ちゃんと自分で考えないといけないってことを自覚できるのでオススメです

posted by Sayasayan at 08:54 | Comment(0) | 投資に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

日経ウーマン最新号読みました♪(仮想通貨の余波がここまできましたね)

最近は雑誌は避けようと思いつつ、つい見てしまうのが日経ウーマンですね。
プレジデントウーマン世代に差し掛かってきてるかなって思いますが、まぁ役立つ情報のってるのでよく買います。





最新号は、お金のこと多めですね。
最近では、お金を使わない日のことをNMD(No Money Day)というそうです
知らなかった・・・生鮮食品はなるべく毎日買いたいので、あんまりNMDは意識したことないけど、割としてるかもしれません。

日経 WOMAN (ウーマン) 2018年 05月号 [雑誌]

価格:659円
(2018/4/11 17:21時点)
感想(0件)









今号はプレゼント企画も多いしs、手帳に関する付録もついているしで、購入した人多いかもしれないですね。
IMG_0904.JPG






でも、個人的に気になっていたのがここの部分ですよ
IMG_0903.JPG






ついに、ここまできましたね。
もちろん、投資をするわけじゃないけど仮想通貨のことも知っておかないと!っていう雰囲気はあるんですかねぇ。
まだページ数は少ないですが、そのうち特集が組まれるのかなって思ったりしました。
ちょうど『お金2.0』の書評もその裏に乗っていて面白かったです。






お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]

価格:1,620円
(2018/4/11 17:40時点)
感想(20件)









自分で経済システムを作れるようになるのはいいなって思います。
少し時間はかかるかもしれないけど、労働から解放されるのは確かにそうかもって思うので、それが生きてる間に来て欲しいって思うばかりです






せっかく買った雑誌で、今日は久しぶりに早く家に帰って来たので雑誌読んで本読んで、素敵な余暇を過ごそうと思いま〜す

posted by Sayasayan at 17:47 | Comment(0) | 投資に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。