2018年03月19日

『中国のムスリムを知るための60章』を読みました

いやぁ、なんだかとっても忙しい昨今。
それでも色々やりたいことがあり、とにかく今できることはひたすらやろうと努力中。
そんな中、読みたかった本を一冊読みましたよ〜






それがこちらでございます。

中国のムスリムを知るための60章 (エリア・スタディーズ) [ 中国ムスリム研究会 ]

価格:2,160円
(2018/3/18 22:17時点)
感想(0件)









中国にはかなりムスリムの方がいらして、それがすごいなぁって思いました。
清真寺と呼ばれるモスクで人々は集まり、イスラーム式の礼拝などをしているそうです。
みんな、中国人なんだけど、アラビア語を学ぶそうです






というわけで、女性の教育というのも熱心でなかった時代を経て、今は「女学」と呼ばれる学校で女子生徒が学ぶそうです。
アラビア語ができるため、翻訳事業などでかなり高収入になる女性も多いのだとか。
そのあたりは、中国人として商売上手な部分と、イスラーム教徒としての経験な態度がアラビア半島のあたりの国々のウケが良いそうな






なるほどな〜って素直に思ってしまいました
みんなたくましいな〜ってしみじみ。
新疆地区などは、今は自治区になっていますが、中央アジア部分はロシア領だったこともあり、歴史的にもとっても複雑な経緯があるところ。






とにかく、中国には複数の民族が存在していて、さらにイスラーム教徒達もとても多いということ。
結構それなりの人数がいるので、政治的にも無視できない存在であること。
独自の文化を守りつつ、伝統的なイスラームの教えも守っているということ。






僻地だからこそ残っている伝統的なものもあるんだなぁって思いました。
なかなか知り得ないけど、今そういう状況にもあるんだなぁって感じることができ、とても勉強になりました。
これだからエリアスタディーズはやめられないなぁって思っちゃう今日この頃です
posted by Sayasayan at 10:03 | Comment(0) | エリアスタディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

『台湾を知るための60章』を読んでみました。

毎日、6時間の仕事だったら全然仕事できるのにな〜、なぜ自分はこんなに長時間仕事をしているのだろうか?と思う半日勤務2日目のSayasayanです
本当にね、公教育は、先生の良心でできてるよ、日本は。
この仕事量、終わらないのは私のせいだろうか?と思わなくもないですが、それでもなんか割に合わないのですよね〜。






そして、そろそろ国民年金のお金とか考えると、おちおち投資にお金回せないな〜と。
旅行にも行きたいな〜って思っていたのに、どうしよう?みたいな
時間とお金と体力と・・・考えることがいっぱいありすぎてこのバランスが難しいですね。
ワーカホリックタイプではあるけど、いろんなことを複数やってる方が能率いいタイプなので、一つのところで勤め続けるのも飽きが来そうだしなぁ。





お金のことを考えると、正社員で働きたいような、でもそうでもないような。(このあたりは本当に見極めが難しい。)
とにかく、悩ましく締め切りを抱えてプレッシャーな中、ブログ書いています(笑)





そんな中、知人を訪ねに行きたくて、行きたいな〜と思っているこちら。

台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ) [ 赤松美和子 ]

価格:2,160円
(2018/2/24 18:04時点)
感想(0件)









台湾って今観光スポットとして有名ですけど、個人的に歴史的にも複雑なところだよね〜って思いまして。
もちろん、日本に統治されていた時代もあるし、中国との関係とか一時的にはオランダ領でもあったわけで。
民族もすっごく多様で、実は太平洋に浮かぶ島々と祖先は一緒な人たちも多いのだとか。






美味しいお料理も、客家人と呼ばれる人たちが持ち込んだものも多く、やはり小さな島ですけど日本とは大きく違うな〜なんて思います。
でも、メディアなんかも活発なのはいいことですよね〜。
アジア圏でのヒットを狙う場合、台湾からスタートするアーティストとかもいるそうです。






現地の知り合いも日本語を教えているのですが、学習意欲はすごく高いんですって。
意外と、日本の若い人が台湾で生活してるとも聞くので、過ごしやすいところなのかなって思います。
日本人、最低金額で雇われるみたいだし、何より日本人女性はステータス的なところがあって男性からもモテるみたいですよ






夫婦共働きが当たり前なので、3食外食も当たり前なのだとか。
それはすごいな〜って素直に思ってしまいました。
家事の負担が少ないのはありがたいですね。(それでも、女性に負担がいきやすく少子高齢化率は日本以上のよう)
確かに、外食でもOKな雰囲気だったら、楽しちゃうし結婚する意味もなさそうな気がしちゃうしって感じですかね。





旅行に行く時も、なんとなくその国の背景とか知ってると違う楽しみも見えてくるかなって思ったりします。
もちろん、表面的な楽しさは変えがたいところもありますけどね(笑)






とりあえず、休日出勤で明日の準備とかやってしまってスッキリ寝るのが今日の目標です。
今からお菓子買い込んで、ぼちぼちお仕事やります
この忙しさも今だけだと思って頑張ります

posted by Sayasayan at 13:20 | Comment(0) | エリアスタディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

『東南アジアを知るための50章』を読みました

もう、コインチェックのことは忘れて(お金絶対帰ってこないわ〜っていう話)、前を向いて頑張ろうと思う今日この頃。
幸いにして、利益確定していたので、プラマイゼロで仮想通貨をやってみたという体験だけが残った(笑)状態のSayasayanです





さて、そんな中で今日はこちらを読みました。
エリアスタディーズ6冊目、閉塞感のある日本とは異なり、弊害はありつつ経済成長で盛り上がる東南アジア。
とっても注目しちゃうところですよね〜






東南アジアを知るための50章 (エリア・スタディーズ) [ 今井昭夫 ]

価格:2,160円
(2018/2/3 21:20時点)
感想(0件)








共産圏はやはり後進国みたいですが、日本の高度経済成長期と同じような感じみたいですね。
購買意欲も高くて楽しそうなイメージが伝わってきます。






何より、個人的に気になったのが女性の尼さんのお話〜。
女性っていうのは東南アジアでは尼には基本的に慣れないのですって。
つまり、完全な出家者っていないんですよね〜





でも、ミャンマーの尼僧は、ティラシンと呼ばれていて、学歴の高い人たちだからとても尊敬しているようです。
しかも薄いピンクの衣を着ていてこれが可愛い〜






日本にはない雰囲気とかあるみたいですね。
文化も多様で、宗教もいろいろある感じ。文字とかも可愛いし、各地に世界遺産があったり。
あとはとてもリゾート開発をしているみたいで、このあたりは観光地として日本よりも進んでいる感じ。
暖かな地域だからこその良さっていうのがありそうですね。
リゾート開発はかなり官民一緒に頑張っているようで、この辺りは私もこちらの記事で書かせていただきました
「シンガポールに続く!マレーシア株の魅力と推奨銘柄紹介」





日本にはびこる閉塞感はある意味仕方なくて、日本以外の先進国(ヨーロッパとか・・・)ではある意味蔓延してることなので、一つは違う世界に目を向けることが大事かなって。
投資対象としても魅力的なところは多いので気になりますね





今後も伸びていきそうな気配なので、気になるな〜と思う今日この頃です

posted by Sayasayan at 21:46 | Comment(0) | エリアスタディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。